大切な自己紹介の場

名刺交換は、社会人としてもビジネスマナーとしても挨拶の一つです。それも初対面の事も多く、これからお付き合いをしていく上で、最初のステップになります。名刺交換したうえでの自己紹介と言うのは、何よりも会社にとっては必要な事になります。たった数分の事もありますが、この短時間の間に、相手に大切な印象を与え事になります。その時に、名刺を渡すだけではなく、きちんと気持ちも込める事が大切です。具体的な名刺交換には一定のルールがあります。

目下から差し出す、その時に下から渡す、相手の名刺はとても大切に扱うなどの約束事はきちんと把握しておく事が大切です。それを知っているだけで、自分が評価されるだけではなく、この会社との付き合いができると判断される事が多いです。話す事が苦手であっても、名刺交換をきちんと行う事ができる事で好印象を相手に与える事ができると思っても良いでしょう。

この時の印象が社運を変えると思っても良いかもしれません。名刺交換のあとには、「先日お会いした○○です」「いつもお世話になっています」と明るく声をかける事もできるよう、きちんとした名刺交換を行いたいところです。自己紹介あとの挨拶で、好印象、明るい印象を十分に与える事で、ビジネスチャンスを手にする事ができるとも言われています。それほど、名刺交換そのものは大切な行為と心得て行うにしましょう。とにかく名刺交換名人になるには場数をこなす事です。

Copyright © 2014 名刺交換の基礎 All Rights Reserved.